ソフトバレーの練習に向かう途中、車の運転で危機一髪!

僕は今33歳の会社員で、妻と子供(3歳)の3人暮らしです。
趣味はソフトバレーボール。学生時代の仲間と、学生時代からずっとやってます。
週1回、金曜の夜に近くの中学校の体育館を借りて練習をしていますが、やっぱり汗を流すのは気持ちいいですね!

さて、ソフトバレーボールの練習にまつわる危機一髪の事故の話をします。
大学時代に、もう少しで小学生の下校途中の列に車で突っ込むところだったんです!
もし突っ込んでたら、僕は今頃どうなっていたんだろう?とゾッとしますよ。

当時僕は、気軽にワイワイやる系のソフトバレーボールサークルに入っていました。
その日もいつもの大学のグランドで練習があるということで、グランドまでマイカー(中古のカローラ)で向かっていました。

その日は講義がなかった(ほんとはあったのだけれどもサボった)ので、自宅から車でグランドまで向かっていたのですが、自宅とグランドにはかなり距離があり、1時間近く車を運転していました。
そして、もうグランドが目の前というところで、事件は起きました。

そのとき私は見通しのよい優先道路を走っていたのですが、なんと左の脇道から女性の運転する車が飛び出してきて、車の前方側面に衝突したんです。

すごい衝撃で、あの時の衝突音は今でも覚えています。
車は対抗車線に吹き飛ばされ、縁石に衝突して動きをとめました。
特別スピードを出していた訳ではないので特に体に痛みはなく、交通事故がはじめてではない僕は「あー、これはやってしまったな…」と案外冷静にことを受け止めていました。
(実は以前も、ガードレールに突っ込んでしまう事故を起こしていたんです。)

しかし、そこから辺りを見渡すと、ゾッとするような光景が目の前に広がっていました。
なんと、吹き飛ばされた車のほんの2、3メートル先に下校途中の小学生の列があったのです。
もし、事故がほんの少しでも遅かったら、小学生の列に突っ込んでいて、一大事になっていたところでした。

車とぶつかっている時点で実質アウトですが、小学生の列に突っ込んでいたら、それどころではなかったので、危機一髪な体験でした。

結局、飛び出してきた車を運転していたのは、子供を保育園に迎えに行くママさんで、保険にもちゃんと入ってた方でしたので、事故の対応は物損として保険会社同士のやり取りで無事解決することとなりました。

ただ、車はそのままエンジンがかからなくなり、廃車。
保険の無料範囲を超える距離のレッカーを強いられたため、数万のレッカー代を取られてしまいました。

また、当時サークルに向かうために、既に自宅からユニホームに着替えて車を運転していた私は事故現場での実況見分などで、しばらく道端に立たされていました。
ユニホーム姿でずっと現場に立つというちょっと変わった光景を周りに晒し、好奇の目で見られることになりました。。

その日から、ユニホームを着て車に乗るのは辞めました。
もう、トラウマですよ。

ということで、すごく怖い体験をしたのですが、ソフトバレーボールは今でも楽しんで続けています。
新しく買い直した車は、グレードダウンして中古のワゴンRになってしまいましたが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です